概要

国名

ンゴンボ共和国(Repubulic of N'gombo / N'gombo Republique)
「ング(n'g)」は「人々」、「オンボ(ombo)」は「極めて深く生い茂った木々」を表し、「ンゴンボ」で「密林の人々」程度の意味となる。

政治

政治体制:共和制
大統領:ジャン=クロード・ニザラマ(ンゴンボ自由党)
議会:一院制
政党:ンゴンボ自由党、ンゴンボ民主党、ンゴンボ国民同盟など

国際関係

地理

ポワントルージュ(Pointe-Rouge)-首都
ルンツヴィル(Lundzville)
ムベンギ(Mbengi)
ワトゥンゴビ(Watoumgobi)

歴史

先史時代

最古級の化石人類が発掘されている。在来ンゴンボ人部族の多くはこの直接の子孫であると考えられている。
無文字社会であったが、小規模な複数の部族国家が発達した。

啓蒙時代

自立時代

経済

国民

・在来ンゴンボ人(N'gombo Nativue)
多数の部族からなるが、古くから地域共通語ング語(Giba N'g)による交易を行い盛んに交流が図られており、文化的同質性は高い。
・西ディルタニア系人種

文化

言語

公用語・教育言語は西リルタニア語。
地方における日常語としてはング語(Giba N'g)諸方言も用いられる。
ング語は文字を持たない言語であったが、今日ではリルタニア・アルファベット表記を用いる。

宗教

パロンシュレイヒ教が主だが、土着信仰の影響が強い。

食文化

主食はソルガム。粉を水と塩で練ったものを焼いて食す。
家庭での副食としては煮込み料理が一般的。
昆虫食の文化も見られる。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-13 (日) 09:33:05 (341d)